いい家づくり

  • 10のポイント
  • ミューダム
  • スケジュール
  • アフター
  • 起工式
  • 体感ハウス
  • 相続関係

スケジュール

  1. 1.家づくりのご相談

    見学会やメールや電話、あるいは直接事務所にお客様がみえるのが、出会いのきっかけです。

    すでに土地のある人は現地の確認、これから探す方には条件をお聞きして、土地探しから始めます。
    建築士と不動産取引の専門家、宅地建物取引士の資格を併せ持つ者が4名おります。
    長年建築に携わっているので、お客様がご自分で探されるよりも、確かな土地をご紹介できるのが強みです。
    地盤や地形・法的規制・周辺環境等土地を探す場合でもまず住宅会社に相談するのが安心です。

  2. 2.ヒアリング

    どういう家にしたいと思っていらっしゃるのか、イメージをすり合わせるためのヒアリングを行います。内観・外観・エクステリアなど、「いいな」と思う家の写真の切り抜きを持ってきていただけるとスムーズです。「こういうことがしたい」とは思っていても、まだ漠然として言葉で表現できないことも多いので、何度かお会いして少しずつ何でも言いあえる関係をつくっていきます。
    お客様のご希望に近い完成物件があれば、ご案内もいたします。

  3. 3.ご提案

    お客様からの聞き取りをもとに、設計士がファーストプランをつくります。

  4. 4.練り上げ

    プランは双方が納得するまで繰り返します。

  5. 5.見積り

    プランがほぼ固まり、方針が決まったら、概算見積りに入ります。

  6. 6.設計契約

    プラン、概算見積に納得いただけたら契約(100万円税別)をしていただきます。

  7. 7.地盤調査・地盤改良

    地盤を調査し、地盤改良の有無の判定が出ます。判定の結果により改良工事を行います。

  8. 8.起工式

    新築工事スタート前ににお施主様ご家族に同席いただいて家づくりに関わる協力業者を紹介し工事が無事に成功となりますように祈念いたしております。

  9. 9.上棟式

    上棟は、建物の骨組ができ、棟木をあげた時を指し、家屋としての形態をとる最初であることから、家づくりの中で最も重要視されてきました。上棟式では棟梁が、魔よけのための幣束を立て、天地四方の神を拝みます。お客様にとっては、これまで図面でしかなかった我が家が、立体として姿を現す感動の瞬間です。

  10. 10.現場打ち合わせ

    上棟が終わると大工工事が始まり、屋根工事、外壁工事、配線・配管工事、内装工事と、次々に進んでいきます。こうした工事の途中、お客様が見て理解しやすいところまで工事が進むたびに、現場打ち合わせという作業を行います。
    現場打ち合わせとは、実際に現場にお越しいただき、電気配線や棚の高さ、造作家具の仕様やサイズなどを決めていくこと。迷ったり、悩んだりされるのは当然のことなので、時間をかけてゆっくりと進めます。

  11. 11.お引き渡し

    ついに念願の我が家の完成です。末永く、幸福に暮らしてくださいと、関係者全員が祈る中、お家の鍵がお施主様に手渡されます。

  12. 12.新たなおつきあいのはじまり

    オークランドホームで建てた家は、その家がある限りメンテナンスさせていただきます。不具合や故障の際はもちろん、住まいの困り事やわからないことなども、遠慮なくご相談下さい。
    1年に一度無料点検を毎年実施し、家のホームドクターとして点検をさせてもらっています。