リフォーム

  • リセット住宅
  • ビフォアアフター

オークランドホームの提案力を実際の施行事例でご覧下さい!

リセット 今すぐボタンを押してみよう!

リセット住宅 みんなが集まる広々として大黒柱のある家

T様邸 - 祖母・両親・夫婦・子2人

オークランドホームを選んだきっかけ
奥様は、最初にプランを見たときの衝撃が忘れられないそうだ。「いくつもの部屋に仕切られていた場所が、ひとつの大きな部屋になっていたんです!」これまでほとんど使うことのなかった座敷が、32帖もの明るいリビングに変わる。家族の気持ちまで明るくなりそうな予感がした。
リセット前の状態
Tさんが我が家の問題を解決しようと決意したのは、ご長男が小学校に上がる前の年だった。「リフォーム前は使わない部屋がたくさんあるのに、子ども部屋がなくて勉強机を置く場所もなかったんです」日当たりのいい南側に普段は使わない広い座敷が並ぶ......。 リフォーム前の家は、そんな典型的な昔の間取りだったのだ。
経緯からご提案まで
1当初の相談は暗い・子供部屋がないといったことだけだった
2思い出深い家、リフォームで解決できると提案。
3奥様希望の広いリビング、子どもたちの個室と、すべての要望を盛り込んだ間取りの変更を提案。

木のにおいが香る居心地のいい空間

After
その予感の通り、広く明るくなったリビングには前よりもっと家族が集まってくるようになった。ご長男がなわとび( 家の中で!)をする傍で、 お姉ちゃんがピアノの練習をする。来た人が皆、玄関を入るとすぐに『あったけぇ』っていうんだよ」訪ねてくる友人たちの驚く顔に、ひいおばあちゃんも大満足だ。
Before
この地で代々暮らしてきたご家族にとっても、ご近所の人たちを招く座敷は重要な空間だったに違いない。けれども現代の暮らしを考えると、普段使わない座敷ばかりが広いのはもったいない。

リセット 今すぐボタンを押してみよう!

リセット住宅 使わないスペースを排除し効率のいい動線に

TT様邸 - 祖父(車いす)・祖母・父・母・長男・長女

オークランドホームを選んだきっかけ
雨漏りがひどく、建て替えを検討していた時に、夢ハウスの見学会に足を運んだのがきっかけ。
リセット前の状態
雨漏りのせいで屋根裏の腐食が進み、天井に大きな穴があいて空が見えた。床がブヨブヨして、まともに歩けないところもあった。トタンの外壁は錆びついていた。家族そろって食事はできるが窮屈で、食後は別の部屋に移動してくつろいでいた。移築と増築をくり返したため、動線が悪く使いづらかった。家中がとにかく暗い。ムダに広い広縁が物置となっていた。
経緯からご提案まで
1ここまで問題が多いと当然建て替えを考えていたが、こちらで調べてみると、つぎはぎだらけの住宅ではあるものの、骨組みはしっかりしていたので大規模リフォームで解決できると判断、提案した。
2雨漏りの影響が床下にまで及んでいたため、床下もすべて改善する。
3日当たりが悪いことから、室内が常に暗くてジメジメしていたため、明るく開放感のある家にする。
3祖父母のため、車いすにも対応した間取りにする。

骨組みはそのままに、外壁は全面交換する

After
外壁は錆が進んでいたが骨組みはしっかりしていたので、構造はいかして外壁のみ刷新した。
Before
トタンの外壁はかなり錆が進み、痛んでいた。

屋根の修繕と湿気対策で爽やかな快適空間に

After
丈夫な骨組みはそのままに、床や壁、天井を全面的にリフォームした上で、床下に湿気がこもらないように対処。LDKには天窓を設けて部屋全体を明るくした。
Before
穴の開いた天井からは雨が漏れ、その雨と床下の湿気が原因で床がブヨブヨしていた。日当りが悪くて家中が常に暗く、湿気のせいかジメジメしていた。

間取りを変更して、家族の居場所とプライベートを分ける

After
家族の集まる場所をLDKにまとめ、夫婦の寝室はプライベート空間として独立させた。
Before
夫婦の寝室はテレビのある居間を兼ねていて、誰かがテレビをつけていれば寝られないのが普通だった。

車椅子でも動きやすいバリアフリーに

After
通りに面した駐車スペースにスロープを設けた上で、外からそのまま車椅子でリビングに行けるようにした。
Before
玄関までには5段ほどの階段があったため、車いすの祖父がデイサービスに行く時は、毎回、家族にかなりの苦労があった。

リセット 今すぐボタンを押してみよう!

リセット住宅 車庫が邪魔になって暗い家の中

N様邸 - 祖父母・父・母・長男・次男・長女

オークランドホームを選んだきっかけ
リフォームフェアに来場した時に夢ハウスのブースに立ち寄ったのがきっかけ。
リセット前の状態
とにかく寒くて暗い家。家族揃うと窮屈な8帖のキッチン。日曜日は時間差で食事をとっていた。団らんの場所がなく、食後は家族バラバラ。台所は孤立した間取り。台所にいる間は常にひとりだった。3人の子どもと父・母の5人が2階の和室8帖で一緒に寝ていた。子どもたちは3人で一部屋。プライベートがなかった。浴室はタイル貼りで非常に寒く、1階居間の床はブカブカしていた。
経緯からご提案まで
1当初の相談は暗い・寒いといったことだけだった。
2話を聞くうちに、子供部屋がないこと、家族一緒に食事がとれないことなどがわかり、家を調べた後、リフォームで解決できると提案。
3奥様希望の広いリビング、ご主人の書斎、子どもたちの個室と、すべての要望を盛り込んだ間取りの変更を提案。
3ブカブカする床の原因の、床下湿気対策をしっかり施す。
3旧宅すべてをリフォームすることが予算的にも合わず、家族共有のスペースと若手の要望を中心に、全体の半分だけリフォームすることを提案。

家事する主婦を孤立させない

After
朝早くから夜遅くまで動きつづける奥様の動線を短くするために水廻りに寝室を設けた。ご主人の書斎は一番奥でありながら明るさもとれる場所につくった。
Before
3人の子どもと父・母の5人が2階の和室8帖で一緒に寝ていて、プライベートな空間はなかった。

車庫と居間をつなげ、広いリビングダイニングに変更

After
車庫と居間をくっつけ、対面式キッチンが入っても十分広いリビングダイニングを実現。家族全員だけでなく、親戚・友人を呼んでも食事が楽々とれるスペースになった。
Before
食事はキッチンで済ませていたが、家族全員が揃うと窮屈なため、時間差で食事をとるしかなかった。

子どもの独立も見据えた一人ずつのプライベートルーム

After
リビングのリフォームでなくなった中2階を補うために、2部屋を3部屋に。階段の位置を移動し、将来的に一部屋にもできる自由度の高い間取りへ。
Before
それぞれが使えるスペースは畳2枚程度。今の間取りでは一人一部屋は難しい。

奥様の家事動線も考慮しながら、夫婦のプライベートもつくる

After
朝早くから夜遅くまで動きつづける奥様の動線を短くするために水廻りに寝室を設けた。ご主人の書斎は一番奥にありながら明るさもとれる場所につくった。
Before
3人の子どもと父・母の5人が2階の和室8帖で一緒に寝ていて、プライベートな空間はなかった。

リセット 今すぐボタンを押してみよう!

リセット住宅 一体感あるLDKが欲しい

U様邸 - 父・母・子

オークランドホームを選んだきっかけ
外壁が傷んできたので何とかしたいと、モデルハウスが近くにあった夢ハウスに相談したのがきっかけ。
リセット前の状態
外壁が剥げてきていた。15年前に新築した家だったが、家族(特に奥様)の希望がまったく叶っていなかった。自宅で仕事をしている奥様のプライベートと仕事場の境界がなかった。
経緯からご提案まで
1当初は外観のみの相談だったが、満足していない家だと聞きさまざまな希望をリフォームで叶えられると提案。
2外壁を調べてみると、内部結露の影響で骨組みまで傷みが進んでいたため、腐食の激しい1階の柱は交換する。
3自宅で仕事をする奥様の希望にそって改善するが、ローンが残っているため、大掛かりな変更はしない。
3まだ築15年しかたっていないため、キッチン、ユニットバス、洗面などの設備が使用できるものはそのまま使い、できるだけ費用の負担を減らした。

和室の必要性よりも家事動線を優先に

After
リビングとキッチンに挟まれる位置にあった和室と段差をなくしたことで、動線上のストレスが解消された。
Before
和室がリビングとダイニングキッチンの間にあり、小上がりになっていることから空間を小さく区切ってしまっていた。

腐食した柱を交換して安心の構造に

After
特に腐食が進んでボロボロになっていた1階の一部の柱は交換し、構造をしっかりさせた。
Before
外壁の傷みを調べたところ、原因は高気密住宅にもかかわらず壁内に通気がとられなかったために生じた内部結露にあった。影響は骨組みにまで及び、1階の柱は何本か腐食が進んでいた。

和室をリフォームして子ども部屋に

After
2階にあった床の間のある和室を洋室にリフォームし、仕切られた子供部屋にした。壁面に設けた開口部のおかげで、吹き抜けを通して1階ともつながる。
Before
新築当時ちゃんとした子供部屋がなかった。そろそろ個室をつくってあげたいと思っていた。

リビングは吹き抜けにし明るく、暖かく

After
一体感をもたせたLDKは吹き抜けにして2階とつながるようにした。開放感が加わっただけでなく、冬は薪ストーブの熱が2階にまでまわって家中が暖かくなった。
Before
旧宅を新築の際、吹き抜けを希望したが、反映されたのは玄関の上部にわずかな採光のために設けられたものだけだった。

リセット 今すぐボタンを押してみよう!

リセット住宅 使っていなかった部屋を夫婦の寝室に変更

I様邸 - 大おばあちゃん(体が不自由)・父・母・子

オークランドホームを選んだきっかけ
水廻りのリフォームを考えていた時、夢ハウスの見学会に足を運んで、相談をしたのがきっかけ。
リセット前の状態
本宅が築80年。台所、洗面、浴室のみ築30年。1階は8部屋もあったが、実際には台所と6帖1部屋しか使っていなかった。台所の床がブヨブヨしていた。とにかく寒い。そのため田の字型になっていた和室6部屋はほとんど使っていなかった。
経緯からご提案まで
130年前に新建材でリフォームした水廻りは痛みが激しいが、築80年の本宅は、良質な材料を使っていたため丈夫で痛みがない。
2水廻りのあった増築部分をすべて壊して本宅に新設、生活動線を短縮させる。
3全体的な提案としては断熱性能を上げること、広いリビングをつくること。

廊下を排除し、家事や団らんなどすべてが一体となるように変更

After
家族、親戚、友人が集まって食事がとれるような広くて暖かい部屋にし、家事動線もスムーズになるよう間取りを変更した。
Before
1階には8部屋もあったが、どの部屋も寒くて台所と6帖1部屋しか使っていなかった。

家族の歴史ある空間はそのまま残したい

After
元々あった柱や梁などをそのまま見せられるよう、この部屋のみ全面リフォームではなく仕上げリフォームにとどめた。
Before
本宅の座敷と茶の間は、代々受け継がれてきた歴史があるので、そのまま残したい。

将来性も考えながらひと続きの大空間に変更

After
二間をひと続きの板間に変更、フリースペースとした。将来、仕切れるように入り口も2カ所設けた。
Before
2階には和室が二間あったが、寒いこともあり、ほとんど使っていなかった。

無理に残さず解体し、使いやすい間取りに変更

After
30年前に増築した部分は、リフォームしても効果が薄いと判断。無理に残さずにまるごと解体することを提案。水廻り機能を本宅に移した上で、使いやすい間取りに変更。
Before
30年前に増築した水廻りは新建材を多用したため、築年数以上に傷みが激しく、床はブヨブヨしていた。

リセット 今すぐボタンを押してみよう!

リセット住宅 懐かしい旧宅の面影を残したい

IT様邸 - 父・母・息子夫婦

オークランドホームを選んだきっかけ
残された旧家を建て替えかリフォームかで悩んでいたところ、夢ハウスで家を建てた知人が紹介してくれた。
リセット前の状態
昭和初期の面影を残す建物。今の生活スタイルに適さない間取り。日当りが悪く、常に暗い。階段が急で危ない。
経緯からご提案まで
1祖母が亡くなるまで住んでいて、3年前から空き家だった。
2息子夫婦の住宅が必要になったとき、新築か建て替えかで迷ったが、空き家になっていた祖母の旧宅をリフォームすることになった。
3旧宅の面影を残しつつ、今の生活スタイルにあった空間にする。

部屋の位置を入れ替え天窓を設けて明るく

After
明るさを確保するためにまず部屋の位置を入れ替え、さらにリビングには天窓を設けて日差しの入る明るい部屋にした。
Before
窓はあっても日当りが悪いため、常に暗い部屋だった。

開放的で収納力もある使いやすいキッチンにする

After
キッチンの上部吊戸棚は設けず、リビングと一体化。背景は全面収納スペースとし、家事動線も含め使いやすくなった。
Before
キッチンはリビングに隣接してはいるものの、窓が多いため収納がなく使いづらかった。

玄関を移動して明るくなった家の中

After
間取りの変更に伴って玄関も移動。寝室を前に出したことで朝日が差し込む明るい部屋になった。
Before
オープンになっている全面スペースに玄関があることで光をさえぎっていた。

デッキを設けてモダンな雰囲気に

After
リビングの外に、物干スペースを兼ねるデッキを新たに設けた。窓を開ければ、デッキがリビングとつながって大空間が生まれる。木をいかしたモダンな雰囲気に。
Before
暗い雰囲気の外観で、外には簡易な物干スペースがが付いていた。